一人暮らし喪女の貧窮問答歌

金がない それに加えて 愛もない あるのは借金 ばかりなりけり

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

無神経な親切 

親子の縁 切れることなら 切ってくれ 二度とお前の 顔見たくない


先日、父親と殴り合いの喧嘩をした。先週のことだ。
いきさつは長くなるし、これ以上思い出したくもないので簡単に記述する。

一緒に飲みに行ったところ、父親が飲み屋で酔っ払い、お店で働いている外国人を罵倒し始めた。
それを止めに入った私に親が逆ギレし、
「死ね」
「親子の縁を切れ」
などと罵声を浴びせながら店の中で暴れ始め、
業を煮やして店の外に出したところ、殴りかかろうとしてきたので殴ったのである。
それからとっくみあいの喧嘩になり、迎えに来たタクシーの運転手に助けられ帰ってきた。
私に手を出したこと以外は非は全くないと思っている。
あの状況を見ていた人なら100人が100人そう言うだろう。

私は、どんな理由であれ、人に対して「死ね」という人間は最低だと思っているので、
父親のことは許せない。一生許さないと思う。
親子の縁は、切れることなら本望だが、そう言うわけにもいかないと思うので、
本当に必要最低限のこと以外関わりは持たないようにしようと思う。

もともと父親は暴力ばかり振るっていた。
小さい頃、父親が母親に暴力を振るう姿を良く見ていた。
母親はガリガリのひょろひょろ体型だったので、私のように刃向かって殴りかかるということもできなかったのだろう、いつもぼろぼろになるまで殴られていた。
このまま母親が死んでしまうんじゃないかと、いつも泣きながら夫婦喧嘩の図を見ていたものである。
その暴力が母親が死んでから私の方にも向かうようになってきた。中学~高校時代の話である。
一刻も早く家を出たいといつも思っていた。

私が家を出てからは、顔を合わせることが少なくなったこともあり、
暴力を振るわれることなく、ほぼ和解状態になっていた。
機嫌の良いときは一緒に飲みに行ったりしていて、割と親子関係も良い感じに修復されていた。

それがやっぱり暴力を振るい始めた。
結局人間は一時は良くなっても、根本的なところは変わらないんだろう。


「親と何故一緒に住まないのか」と言われることがある。
経済的にも無駄だし、一緒に住んだ方が楽なんじゃないかと言われる。
そう言う人間の言葉は、とりあえず無神経な親切として、私の心の中のゴミ箱に捨てるようにしている。
一緒に暮らさないのにはそれなりの理由がある人間もこの世にはいることを何故考えないのだろうか。
私の状況を事細かに話したことのある人は皆、「家を出た方が良いね」と言っていた。
親戚のおばさんもそれを分かってるから、私をマンションに住まわせてくれている。
結局は本当に身近な人しか、本当の状況は分からない。
それは当然のことなのだから、分からない人には余計なことを言われたくないのだ。
無神経な親切はいらない、そう思う。

無神経な親切と言う話でもう一つ。

私は新興宗教が大嫌いだ。
というのは、私の母親が亡くなったとき、近所に住んでいるという知らないおばさんが新興宗教の勧誘にやってきて、私と妹を半ば強引にその集会所まで連れて行ったからだ。
母親のいない子供が可哀想だ。宗教を信仰すればこの子達は幸せになる。
そんな無神経な親切心で、知らないおばさんに集会所に連れて行かれるいわれはない。

無神経な親切心をもつ人間は「片親」というキーワードをむりやり「不幸」に変換する。
私は片親だけど不幸じゃない。たまたま、子供時代に親が亡くなるという衝撃的な事件があっただけだ。むりやり不幸に仕立て上げないでくれ。そう思っていた。
それからずっと新興宗教が大嫌いになった。むりやり不幸を生産して、幸せを求めさせるために誰彼かまわず勧誘する、その姿勢が大嫌いなのだ。


話は戻り、今回の事件を思い出す度、私は小さい頃見た、母親が殴られる映像がフラッシュバックしてきてしまい鬱になってしまう。
体調がなかなか戻らないのはこのせいもあると思う。
心の中で大きな傷となってしまっているのだと思う。
トラウマは死ぬまで消えないのだろうか?


■ランキングに参加しています☆応援よろしくお願いします!

人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/02/28 14:27 ] 雑記 | TB(0) | CM(14)
うーん、気持ちわかります。
ウチの父親は善意の人だった事は今ではわかるんだけど幼い頃は不機嫌そうな顔して帰って来て家族をどなりつける姿すごーく恐怖でした。
その時のトラウマだと思うんですけど、作業着を着た肉体労働系の男の人とっても苦手でコンビ二とかですれ違うのも怖いです(父親が作業着系だったので)
本当の心の中をわかってもらうのは難しいですよね。
わかってもらおうとも思わないし…
微妙は距離感って言うか話さないならそこにきっと何かがあるって事察して踏み込んで来ないで欲しいって思う事ありますがそれって…わがままなのかな??

ウチも父親の妹(叔母)が相談に乗ってくれるんですよ。
内情すべてわかってるから結構手厳しい事言われますけど
一般論や次元の違うトコから見下されたりしないので・・・
素直に聞けます。
だけどどーすることも出来ない現状もアリ・・・
えみかさんの現状には及ばないけど気持ちは良くわかります。
ウチは親とは家庭内別居状態なんですよ。
こんな現状いけないの良くわかってるんですけど…
きっと親がある日死んじゃったらきっと私はどーにかなって
しまうのわかるけど…
どうしていいのかわからない毎日…。
人生って大変だね…。


[ 2009/02/28 19:53 ] [ 編集 ]
悲しい思いをされましたね。怪我はなかったですか?
やるせない状況だけど、うまく言えないけど、負けないで欲しい。
大好きなお母さんが殴られる記憶とか、自分に暴力が向いてきた記憶とか、簡単に離れられるものじゃないと思うけど
今を生きるえみかさんは十分に頑張ってるし、ちゃんと神様が見てると思います。
[ 2009/02/28 23:05 ] [ 編集 ]
はじめまして。いつも拝見しています。
私は30をとっくに過ぎて一人暮らしの喪女で、アルバイトして生計立ててます。カツカツです(苦笑)。

東京に住んでいますが、実家も東京にあります。
「なぜわざわざ一人暮らし?」は、おそらく、家族と暮らすことに強いストレスを持った経験のない人にとっては非常に素朴な疑問なのではないか、と思います。

えみかさんと同じく私も、事情を知る友人からは「家を出た方がいいね」と言われていました。
私は家族に見切りをつけることがなかなかできず、
「自分をヤルか親をヤルか」という所まで追い詰められてやっと、家を出ました。

一緒にいない方がいい関係ってあります。

トラウマは、傷跡となって残るとは思います。
痛くて苦しいときは手当が必要。
でも、傷口が乾いてふさがって、あまり気にならなくなる日が来る可能性はあります。私はそう信じたいです。

長々とごめんなさい。
ブログ更新これからもマターリ楽しみにしています(^^)
[ 2009/03/01 00:09 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/03/01 19:01 ] [ 編集 ]
もしかしてえみかさんって
アメブロのダイエットの方でブログされてました?
いくつか過去記事拝見させていただいたのですが
とても共通する部分が多かったので・・・!
私、よくブログ参考にしていたので。
もし違ったらごめんなさい><

[ 2009/03/01 20:34 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/03/02 02:46 ] [ 編集 ]
 私も職場が実家から車で15分のところにありますが別居してます。
 学校出たら1人暮らしするって決めてました。
 理由は人それぞれでしょうが、金の問題じゃないですよね。
 暴力を振るう男って根本的に暴力の恐ろしさを知らないのでしょうね。
 男同士で殴り合いの喧嘩とかした事がないのでしょうか?
 まして力の弱い女・子供に手を挙げる奴の気持ちが理解できません。
 人間ってどういうわけか怒りをその対象ではなく、身近な弱い人間にぶつけるという最悪な習性をもってますね・・・
 そういう意味で、えみかさんがやられっぱなしではなく、抵抗されたのは意義があったとも思うのですが・・・
 後味が悪いでしょうが、えみかさんへの見方が変わってくれることを祈ります。
[ 2009/03/02 11:14 ] [ 編集 ]
>くまこさんへ
分かってもらえて嬉しいです。
私は映画なんかで暴力シーンがあるだけで、心がうずいてしまうくらいトラウマです。
叔母さんに相談に乗ってもらえるっていうのは本当にラッキーですね。
私も叔母さんに相談しまくり。叔母さんがいなかったらどうなってたことかと思います。
親とは家庭内別居状態なんですか・・・
私も親死んだらどうなるかわかりません。
せいせいするのか、それとも悲しむのか・・・
上手く言えないけど、人生って大変ですね・・・
[ 2009/03/03 09:17 ] [ 編集 ]
>リバーさんへ
怪我はありませんでしたが、翌日筋肉痛でした・・・
神様は見てくれてるんですかね?見てくれてたら嬉しいけど。
母親の姿がことある毎に浮かんできて、本当にトラウマになってしまってます。
いつかそれが癒される日がきたらいいなと漠然とした希望を抱いてます。

[ 2009/03/03 09:19 ] [ 編集 ]
>ぴょん吉さんへ
コメントありがとうございます。
一緒にいない方が良い関係ってありますよね。
でも、それって家族と暮らすことに強いストレスを持った経験のない人にとってはきっとわからないんでしょうね。
追いつめられて家を出たと言うことは、ぴょん吉さんもきっと辛い思いをされてたんでしょうね。
上手く言えないですけど、お互いトラウマの傷口が乾く日を夢見て、頑張って生きましょうね!
[ 2009/03/03 09:24 ] [ 編集 ]
>非公開コメントSさんへ
私もどんなに辛くなっても実家には帰りません。というか帰れません。
今の状態(叔母さんのマンションに暮らしている)が今は一番楽です。
気持ち分かってもらえて本当に嬉しいです。
[ 2009/03/03 09:27 ] [ 編集 ]
>ゆいさんへ
昔アメブロでダイエットブログしてましたよー!
ばれてしまいましたねw
向こうはもう更新しないので、よければこちらのブログで仲良くしてくださいませ♪
[ 2009/03/03 09:28 ] [ 編集 ]
>非公開コメントTさんへ
体調はあまり良くないです・・・
父親はきっと弱い人間なんだろうと思います。
コンプレックスの固まりで、論理的な思考にも欠けているので、
相手に負けそうになったらすぐ手が出るのだと思います。
医者にもあまり関わらないように言われました。
しばらくは体調のこともあるので関わらないようにしたいと思ってます。
[ 2009/03/03 09:30 ] [ 編集 ]
>夜叉猿さんへ
暴力で事を片付けようとするのは最低だなと思います。
きっと自分より弱い人間にしか手を挙げたことはないんだろうと思いますよ、うちの親は。
家を出るっていうのはお金の問題だけじゃないですよね。
つべこべ言う人には、人それぞれいろんな理由があるんだからほっといてくれと言う感じです。
親に対して今は嫌悪感しか抱けませんが、抵抗したことは良かったなと思います。
抵抗しなかったら、もっとぼろぼろになってたでしょうし・・・
[ 2009/03/03 09:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

えみか

Author:えみか
年齢は三十路直前
喪女独身デブス干物女
一人暮らしに猫一匹
躁うつ病闘病通院中
今はやりの派遣切りに遭い、就活中です。
ワーキングプア真っ最中!
希望の光がまったく見えないよー!

★誹謗中傷、冷やかし、お説教は一切お断りします
★最低限のネチケットのない方のコメントは削除させていただきます※当日記内のすべての文章の無断転載転用を禁止します

ブログ開始 2008.6.30

借金額の推移
なるべく早く完済します!
全力で頑張ります!!
2008.10月現在
借金総額1,528,236円

2009.3.16現在
借金額 前月比
A社(リボルビング) 265,465 -20,000
B社(リボルビング) 219,187 -10,000
C社(カードローン) 425,199 -8,372
親戚の叔母さんから 500,000
合計 1,409,851 -38,372
貯金額の推移
三十路を目の前にして、はっきり言って恥ずかしい・・・
※ちなみに貯金用の通帳の残高を書いています
2009.3.31現在
貯金額 前月比
A銀行 144,179 +9,490
合計 144,179 +9,490

家計簿
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ありがとうございます
QRコード
QRコード
Google AdSense


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。